有元利夫さんの本。

  • 2018.09.16 Sunday
  • 12:01

 

このところなぜか不意に古楽が聴きたくなり、

バロック音楽をよく聴いています。

 

ずいぶん前、十数年前に古楽にのめりこんだ時期があったので、

はじめて、というより以前の趣味が復活というかんじですが、

これまでジャズやボサノヴァ系ばかり聴いていたせいか、

久々にとても新鮮な響きでどの曲も面白いなと思いつつ聴いています。

 

ずいぶん前に、早朝のNHKラジオ番組「朝のバロック」をよく聴いていて、

こちらの番組のおかげでいろんな作曲家を知るようになったものですが、

久々にラジオをつけてみたら番組タイトルはもちろんのこと変わっていて、

「古楽の楽しみ」になっていました。

 

以前と同様とてもすてきな内容の番組で、

バロック音楽ってほんとに音楽の宝箱だなぁとしみじみ。

 

たまたまいくつか手にしていた古楽のCDのジャケットで、

とても素敵な絵画が使われていて、

ルネサンス期の絵画みたいな穏やかな雰囲気。

 

きっとこれはヨーロッパの作家の方の絵だろうなと思っていたら、

なんと日本人の作家の方の絵ということがわかり驚き!!

 

その方とは有元利夫さん。

 

ほかの作品も見てみたいなと思いつつも、

いきなり大きな画集や立派な単行本を手にするとまでは思わず、

ポケットサイズの小さな画集めいたものがほしいなと思っていたら、

古本でしたが、とてもいい本を見つけました。

 

もう絶版になっているようですが、

日本経済新聞社から出版されていた、

日経ポケットギャラリーシリーズのミニ画集、

「有元利夫」が今の私には格好の本のように思えて、

古本屋さんで買ってみました。

 

 

本を手にしてわかったのですが、

有元利夫さんもバロック音楽がお好きでいらしたようで、

絵の中の人物がリコーダーを手にしていたり、

チェンバロを弾いていたり。

 

だから古楽CDのジャケットにも有元さんの絵が使われていたのですね!

 

音楽の趣味が変わると(・・・なんて言っても、

さすがに運転中はやはりジャズかボサノヴァか元気系のポップスですが)

絵画の趣味も変わってきそうです。

 

そうそう、こちらのミニ画集でもうひとつの驚きは、

以前好きでよく手にしていた須賀敦子さんのハードカバー本の表紙絵に

使われていた絵を発見しました。

 

 

「ある家族の会話」。

 

いまはハードカバー本は絶版になっているのでしょうか。

アマゾンで検索すると白水社のUブックス版のが出てきましたが、

こちらの本でもハードカバー本の時と同じ絵が使われているようです。

 

ささいなことですが、過去に自分が手にしたもの、

ふれあったものと、いま現在注目していることが細々ではありつつも、

糸でつながれているのを発見するととても嬉しくなるものです。

 

古楽の響きが和紙行灯からもれるやわらかな光のように、

心にやさしくしみこんでいくものだとしたら、

このようなちいさなつながりを発見する喜びも、

それと似たような穏やかな味わい深さがあり、

ちょっと嬉しくなった私です。

 

・・・それでは、今日はこのあたりで(^-^)。

 

 

イリアーヌの合間に。

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 14:44

 

久々の更新・・・!

 

ほんの少し音楽の話題を。

 

今日はひんやりして曇りがちの肌寒い一日ですが、

このところはほんの少しばかり夏を感じさせるような日差しの日などあったりすると、

とたんに聴きたくなるのがイリアーヌ(Eliane)の音楽なのですが、

これまでのようにボサノヴァのアルバムではなく、

ここひと月は「I thought about you」が大のお気に入りでした。

 

 

しかしさすがにひと月くらい延々と繰り返し聴き続けると、

当たり前ですが(笑)、ほかのアルバムが聴きたくなるもので、

ほかのイリア―ヌのアルバムどれもすごくいいのですが、

なぜかいまいち現在の自分の気分にピンと来ず・・・

 

イリアーヌみたいに女性ジャズピアニストでヴォーカルも素敵、

しかし彼女とは全く違うテイストのアーティストのが聴きたいなぁと、

このところ常々探し続けていていました。

 

実はジャケット写真の感じだけはずいぶん前から気になっていた、

そんなアルバムが1枚ありました。

 

Sarah Mckenzie(サラ・マッケンジー)の

「We could be lovers」。

 

 

オーストラリア・メルボルン出身の女性ヴォーカリスト&ピアニスト。

 

ジャケットの写真からもなぜかとても素敵な雰囲気のアルバムのような気がして、

実際聴いてみるとほんとに予想通り・・というか予想を上回る素敵な音楽。

 

全曲とてもお洒落な感じです。

 

1曲目から「よしっ!大正解!」とにんまりしてしまいました。

 

最後が「Moon River」でしめくくられているのも嬉しいです。

 

ジャズのアルバムで扱われる「Moon River」はどれもとても興味があって、

どのアルバムでもほんとに素敵な解釈の「Moon River」なのですが、

彼女のもほんとに素敵な感じです。

 

リラックスタイムに低めの音量でBGMとして繰り返しかけて楽しんでいます。

 

 

昨年は新しいアルバムも出ていて、

日本語盤もあり、「雨のパリで」というタイトルなのですが、

こちらも近々聴いてみたいものです。

 

それでは、今日はこのあたりで(^-^)。

 

すごく久々の更新・・・・!

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 14:30

 

あまりにも久々の記事投稿で、

正直なところ何から書いていいのやら・・・な心境ですが(笑)、

とにかくこのところは毎日がバタバタと過ぎていき、

ゆっくりブログを綴る時間が全く持てなかったのですが、

やっと今日から少しずつ???

またブログ再開していければなぁなんて思いつつ、

久々の更新です。

 

さて、今日はちょこっと音楽のお話。

 

先週からいきなりインコグニート(incognito)の音楽をよく聴いてます。

 

たぶん20年くらい前によく聴いてたと思うのですが、

以前よく聴いていた音楽って、

純粋に音楽だけに集中できないもので、

その音楽を聴いていた当時のことがたくさんよみがえるもの。

 

いい思い出もあれば、同時につらかった思い出もあるもので、

いい思い出だけがよみがえる音楽ならばいつでも聴けますが、

そうでない場合はたとえどんなにそれがいい音楽であっても

聴くことを封印したりもするものです。

 

インコグニートの場合は、

もちろん聴いてた当時の楽しい思い出も山ほどなのですが、

ちょっと哀しい思い出も・・・だったので、

それでなかなか手にできなかったものですが、

なんだかこのところガパッっとそれら全部の思い出がはがれ落ちて、

純粋に音楽だけに集中して楽しんで聴けるようになっている自分が。

 

インコグニート、自分が長いこと聴かなかった間に、

ほんとにたくさんいろんなアルバム出てますねーーー!

 

これからは新しいアルバムのほうをどんどん聴いていかなくちゃ。

 

とりあえずは、以前よく聴いていたアルバムが聴きたくなり、

いくつか手にとって楽しんでますが、

その中ではいまはこれが気に入っています。

 

 

発売からすでに20年くらい経ってるアルバムですが、

おぉっ!さすが!!と思うカッコよさ。

 

なんだか自分の深いとこからふつふつと何か力強きものが

渦巻いてくるようなパワーがあります。

 

音楽ってやっぱりパワーをもらいますねーーー!

音楽の力ってやっぱりすごい!

 

・・・ではでは今日はこのあたりで。

 

(あ!今日の記事は犬猫の話題ありませんでしたが、

ワンもニャンもあいかわらず元気にしております(^-^)。)

 

蚊よけハーブがいろいろ増えつつあります。

  • 2017.07.09 Sunday
  • 16:06

 

先日の記事で、蚊よけハーブ代表選手のローズゼラニウムを、

ワンコがよく顔を出す窓の外に2鉢ほど置いてみた話をしましたが、

ローズゼラニウム以外にも蚊よけとなるハーブがいろいろあることを知り、

このところそれらのハーブ類がとても気になりつつあったのですが、

ちょうど先日グリーンショップへ行った際に、

ハーブ苗のコーナーでそれらのハーブ類がわんさと売ってあって、

ついつい買ってしまいました。

 

それぞれの苗の価格もとても安くて、

苗が小さいというのもありますが、

1苗が100円から高くても150円程度。

 

バジルやキャットミント、キャットニップ、レモングラス、

レモンバーム、さまざまなミント類が売ってありましたが、

とりあえず、バジルとレモングラス、

パイナップルミント、キャットミントの4苗を買ってみました。

 

 

左はしの小さな苗はローズマリー、

その隣の2鉢がローズゼラニウム(その隣はガジュマルです。)

ローズマリーの右ななめ上はパイナップルミント、

その隣がキャットミント、バジル、レモングラス、ローズマリーの大苗、

キャットミントの真上はアップルミントの地植えを一部鉢上げしたもの、

レモングラスの真上はオーデコロンミントの地植えを一部鉢上げしたもの。

 

もともと庭にあったハーブ類も仲間入りしたせいか、

かなり「ザ・蚊よけ」的な鉢植え空間になってきました(笑)。

 

まだまだそれぞれの苗が小さいので、

現在どれほど蚊よけ効果があるのかわかりませんが、

それぞれの苗の香りもとてもいい香りで楽しいし、

蚊を除けるためという実用性のためだけではなくて、

むしろ自分がながめているだけでも十分楽しくて、

ワンコの顔を出す窓際の蚊よけハーブ対策、

なかなか面白い展開になりつつあります。

 

今回購入してみた蚊よけ対策ハーブの中でも、

なかなか気に入ったのが、キャットミント。

 

 

お店でもキャットニップとキャットミントの両方が売ってあって、

キャットミントのほうが葉の色がややシルバーっぽい色合いで、

お花の薄紫色も可愛いかったので、

今回はキャットミントにしてみました。

 

レモングラスは以前に近所の方から苗をいただいたことがあるのですが、

地植えにしていたら、今のような梅雨の長雨の時期に根腐れしてしまい、

まったくダメになってしまった経験があるので、

今度育てるなら絶対鉢植えにと思っていました。

 

久々にレモングラスの葉の香りを嗅ぎましたが、

レモングラスの香りもほんとにいい香りですね。

 

レモングラスティーに使ったり、アジア系の料理に使ったり、

大苗に成長してくれればいろんな活用法がありそうです。

(早く大苗に成長してくれないかなぁ・・・!)

 

バジルの苗はほぼ毎年買って育てていますが、

わが家では乾燥バジルの徳用袋をいつも買っているせいか、

いつも台所ではそちらばかりをついつい使ってしまう傾向にあり、

せっかくお庭に生のバジルがあるのになぁといつも思いつつ、

たぶんバジルを使う料理が自分の場合は長く煮込むソースや、

ひき肉料理のかくし味にということが多いからでしょうね。

 

Jamie Oliverのキッチンみたいに、

キッチンの窓をガラっと開けると、

すぐに手の届くところにバジルやタイムやローズマリーの鉢植えが、

・・・というような場所にハーブの鉢植えをほんとは置きたいところなのですが、

日当たりの条件など諸々の条件によりなかなか実践できていません。

 

外国の料理番組でもキッチンの中にある裏庭に通じるドアから、

すぐに出たところに料理に使うハーブがたくさんという場面を見かけますが、

これはなんとも羨ましい風景です。

 

わが家は裏口は日陰でハーブを置くには向かないので、

なかなかそれは実行できない状態ですが・・・

 

ところで、キャットミントって、

葉っぱの香りに猫が興奮するらしく、

手作りの猫のおもちゃにも使えるということなのですが、

わが家の猫さんにはどうなのでしょう。

 

鉢と鉢の真ん中にキャットミントの鉢を置いているので、

まだわが家のにゃんこはキャットミントの存在に気付いていない様子。

 

にゃんこと言えば、

ここ最近は先日梅の砂糖漬けやラッキョウ酢漬けを作った時に使った、

買ってきた梅をざっと水洗いした後、水気をとり乾燥させる時に使った丸ざるが、

お昼寝や夜のおやすみ時にお気に入りです。

 

 

ちょうど先日ホームセンターのペットコーナーで、

夏の猫用ベッドとして、この丸ざるにちょうど猫の耳をつけたような、

猫ベッドが売ってありました。

 

意外と丸ザルで寝る猫って多いのかもしれませんね(笑)。

 

 

それをヒントにこういう商品がきっと作られたのだろうなぁ、

・・・なんて思ったものでした(^-^)。

 

キホンはこの丸ざるにいるのがほとんどですが、

下の写真みたいにだらーんと床に長くなって寝ていることも。

 

 

窓からの風が気持ちいい時間などはこんな感じですが、

圧倒的に丸ざるのほうがお気に入りらしく、

このところ家の中では丸ざるの中にいることが多いです。

 

ワンコさんは毎年のことながら、

蒸し暑い時期は御影石のクールベッドの上です。

 

 

この御影石、ほんと買ってよかったです。

 

暑い時期はワンコはほとんどこの上です。

 

ちょうど上の写真でもクールバンダナをつけているのですが、

冷たい保冷剤が入ったほうを下にすると、

ヒンヤリ感が倍増してなかなか気持ち良さそう。

 

ワンコといえば、

昨日はいきなり2回ひどい下痢をして、

食べ物はいつも与えている良質のフードだけにしているので、

おそらく散歩中に何かよくないものを食べてしまった様子。

 

これは大型犬のお友達ワンコの飼い主さんに聞いた話ですが、

犬が下痢した時は人間用のビオフェルミンをごく少なめに飲ませるとのことで、

実は私もたった1日程度の軽い下痢であれば・・・と、

こそっとワンコに1錠だけ飲ませたりしているんですが・・・・(^◇^)。

 

この時期は道端に腐った食べ物が落ちていたり、

雑草にも除草剤がかかっていたり、

時には小動物忌避剤が撒かれていたりと、

お散歩中のペットにとっては危険がいっぱい。

 

お散歩中は拾い食い、

ほんとに注意しなければならないですね・・・!

 

それでは・・・今日はこのあたりで(^-^)。

 

蚊よけハーブの効果に期待・・・

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 17:17

 

暑い季節、エアコンももちろんいいですが、

私はやっぱり断然エアコンよりも網戸からの自然の風と、

それで足りなければ扇風機をプラスという組み合わせが好み。

 

さすがに夜遅くなるとセキュリティのためもあって、

網戸のままでというのはなかなかできないのですが、

せめて日中や夕方から夜になってまもない時間くらいまでは、

なんとか網戸にして自然の風を楽しみたいと思ってしまいます。

 

網戸にしていれば、蚊が入ってくることはほとんどありませんが、

時々ワンコが網戸を開けて外のにおいを嗅ぎたいとせがむので、

そんな時は窓の外から家の中に蚊が入って来ないようにと、

窓際ぴったりにしっかりと蚊取り線香を焚いて、

なんとか蚊よけ対策をしていました。

 

ところが先日いつも行くスーパーの小さな園芸コーナーに、

蚊よけハーブなる苗を発見!

 

以前からグリーンショップで蚊よけハーブという苗は時々見かけてはいたのですが、

売られている苗がそれなりに大きな苗で価格も500円以上していたので、

あと300円くらい足せば、オリーブやユーカリのいい苗が買えるなぁ、

小ぶりのお洒落な観葉植物も買えるなぁ、

大好きなオーストラリア生まれの小花系の植物苗も何鉢か買えるなぁ、

・・・などと、限られた予算で買いたい苗の優先順位をつけているうち、

毎回ついつい蚊よけハーブは後回しになってしまい、

実際買うまでにはなかなか至ることがなかったのでした。

 

今回見かけた苗はこれまで見かけていた苗より小さな苗で、

そのせいか価格もとてもお手頃で、

何のためらいもなく買えそうな嬉しい価格。

 

ワンコが顔を出す窓付近にこのハーブを試しに置いてみたら?と

ふと思い立ち、早速2鉢買ってみました。

 

 

             上の写真の下段の左から1番目と2番目のが

             蚊よけハーブです。

 

蚊よけハーブが正式名称が何と言う植物かは最初のうちはわかりませんでしたが、

葉のかたちや色やにおいでなんとなくゼラニウム系みたいだなぁとは

すぐにわかりました。

 

2鉢と言わず、もっともっとたくさん買って、

窓の外にズラーっと並べてみたら、

蚊よけ効果絶大なんじゃないかしらとちょっと思ったりもしたのですが(笑)、

おそらくゼラニウム系なら1苗だけでもすぐにどんどん茂って大きくなりそうなので、

とりあえず今回は2鉢にしてみました。

 

 

                 こうやっていつも外を観察・・・

 

後で調べてみると、

蚊よけハーブとして売られている苗は、

大体はローズゼラニウムらしいですね。

 

お花も小さなピンク色の花が咲いて可愛いです。

 

葉の香りがとても爽やかでいい香りがします。

 

車で持ち帰る時、

車の中がとってもいい香りに包まれて、

ちょっと楽しくなりました。

 

外に置くと鼻を近づけない限りはたいして葉の香りはわかりませんが、

車みたいな狭い密室空間にこの苗があると、

香りの素晴らしさがよくわかります。

 

 

買ってきて数日は苗の成長はとてもゆるやかでしたが、

苗が入っていたパックよりひとまわり大きな鉢に、

いい質の土を入れて鉢植えし直した効果もあって、

日を追うごとに葉が増えてきて、

立派に成長し続けています。

 

もう少し大きくなったら、

もうひとまわり大きな鉢に鉢替えしてあげて、

苗をどんどん大きく成長させてあげたいなと思っています。

 

こうやって上の写真のように窓も網戸も開けて、

ワンコが顔をちょっと出して外の空気を吸っている最中は、

真横で蚊取り線香もモクモクと焚いているわけですが、

蚊よけハーブ2鉢+蚊取り線香の効果もあってか、

蚊をはじめほかの小さな虫も家の中に入って来なくなったような気がします。

 

蚊取り線香は大体は犬用(ペット用)の蚊取り線香

(アース渦巻シリーズ)を使っていますが、

時々、ペット用のではなくて、

人間用ですが、煙の刺激が少ないタイプの商品で、

アース渦巻香 カモミールの香りというのも最近は使っています。

 

 

この香りつきの蚊取り線香がなかなか良くて、

まるでお香を焚いているみたいで楽しい香りです。

 

ハーブティーの優しいカモミールの香りとは全然違う気がするのですが、

とにかく何らかのお花系の香りかなという感じにとらえて楽しんでいます。

 

爽やかな香りでいい感じです。

 

ただし狭い密室で長い時間焚くのにはむかないような気がします。

 

わが家でもこの蚊取り線香を使う時は、

日中に網戸にして窓を開けて空気通りがいい状態の時にだけ使っています。

 

従来の蚊取り線香の香りではなく、

ハーブやお花やグリーン系の香りの蚊取り線香って楽しいですね。

 

 

ワンコが首に巻いているバンダナは、

毎年夏はお世話になっているクールバンダナ

 

中に保冷剤を入れています。

 

小さめの保冷剤はすぐに溶けてしまうので、

今年からはこれまでよりやや大きめの保冷剤を入れています。

 

カモミールの香りの蚊取り線香は、

ペット用のよりやや香りが強めなせいか、

はじめのうちはにゃんこのほうはやや抵抗があったみたいですが、

今ではすっかり慣れてくれました(^-^)。

 

ところで、蚊よけハーブって、

ローズゼラニウムだけではなくて、

バジルやミントやレモングラス、

キャットニップやローズマリー、

レモンバーム、レモンユーカリもいいのだそうで、

それならワンコが顔を出す窓の近くには、

こういったハーブ苗をズラリと並べてみたらどうかなと、

現在いろいろと計画中です。

 

レモンユーカリと言えば、

その香りや葉の独特のかたちが魅力で以前よりとても気になっていて、

しかしなぜかずっとなかなか買えずにいたのですが、

やっと今年小さな苗ばかりですが買うことが出来ました。

 

レモンユーカリの葉のレモンの香りは最高ですね。

 

レモンバームやレモンマートル、

レモングラスやレモンタイムなど、

レモンと名のつく植物はたくさんありますが、

レモンユーカリの葉のレモンの香りは、

それらの植物たちの群を抜いて、

キリっと爽快感たっぷりの上質な香りがするのです。

 

現在、レモンユーカリは3鉢ありますが、

どれもまだまだ小さい苗なので、

蚊よけ効果をどれだけ発揮してくれるかナゾですが、

このワンコが顔を出す窓の付近に置いてみようかなと思います。

 

現在は梅雨のジメジメ時期なので、

小さい苗はすぐに弱ってしまいがちなので、

レモンユーカリは雨のかからない場所で育てています。

 

もう少し大きく成長して苗が強くなってきたら、

このワンコの窓の付近へ移動させようかなと思っています。

 

ミントも蚊よけハーブになると後で知ってからは、

地植えで増えていたアップルミントやオーデコロンミントも、

一部を抜いて鉢上げしてこの窓付近に置いてみています。

 

蚊の多い時期の夏の間だけは、

ワンコが顔を出す窓の付近は、

「ザ・蚊よけ」という感じの植物でかためてみようかなと

現在もくろんでいます(笑)。

 

・・・それでは、今日はこのあたりで(^-^)。

 

今年は青梅で甘い保存食を作りました。

  • 2017.06.29 Thursday
  • 10:00

 

市販の梅干しばかり食べていると、

いつか自分で梅干しを作ってみたいなぁとふと夢見たりするのですが、

青梅がお店にたくさん出る時期にちょうど忙しかったりもして、

なかなか梅干しづくりの機会を得ることがありませんが、

今年は犬の散歩道の途中にあるお野菜の無人販売のお店で、

たまたま青梅の1キロ入りが売ってあるのを発見。

 

有元葉子さんのお漬物の本も買って、

「よし!!今度こそは〜〜〜!!」と思ってはみたのでしたが、

やはり梅干しづくりって手間ひまがそれなりにかかるもので、

今年もいろいろとまとまった時間がとれそうになく、

梅干しづくりはとりあえず今回もとりやめ、

以前作って美味しかったはちみつ漬けでも作ろうかと思って、

とりあえず1キロ入りの青梅を買ってみたのでした。

 

 

上の本がお気に入りの有元葉子さんのお漬物の本。

まだまだながめているだけの私ですが、

この本のレシピで梅干しをはじめ、

いろんなお漬物を作ってみたいものです。

 

さて、はちみつ漬けの話に戻りますが、

私が以前作った青梅のはちみつ漬けは、

青梅をざっと洗ってざるにあげた後に、

ふきんなどで水気をざっとぬぐったあとに、

瓶に梅を入れてはちみつを注ぐだけ。

 

1か月くらいはちみつ漬けにしていたら出来上がり。

 

シロップ分は炭酸水やミネラルウォーターで割って、

梅のおいしいドリンクとして楽しんで、

梅はそのドリンクに浮かべてもいいし、

単独でおやつでカリカリと食べるのもいいし。

 

とりあえず青梅1キロをひとまず買って、

冷蔵庫に保存して、まとまった時間がある時にでも、

このはちみつ漬けでも作ろうかと思っていたのですが、

ただ単にこんな簡単な作業も今年もなかなか時間がとれなくて、

数日冷蔵庫に入れっぱなしになってしまっていました。

 

いいかげんもう漬けないと、

梅の状態がいたんでくるかな・・・と心配をし始めた頃、

たまたま犬の散歩の帰り道に無人販売のお店のご主人に会って、

それとなく梅の話をしてみたところ、

はちみつ漬けもいいけれど、

ただ単に砂糖漬けにするのも簡単で美味しいよと教わり、

作り方を聞いてみるとほんとに簡単、

はちみつ漬けと同様な手順ですが、

漬ける素材がただ単にはちみつがお砂糖に変わっただけで、

お砂糖は自分の好みのお砂糖でOKらしく、

私はきび砂糖で作ってみました。

 

ただ、以前作ったはちみつ漬けとは違うのが、

梅をお砂糖に漬ける前に、

梅を室温に置いてやや熟させてからがいいらしく、

2〜3日平たいざるの上に置いてから砂糖漬けにしました。

 

砂糖漬けにしていいタイミングは、

実の色が最初の青っぽい色から、熟して黄色みがかっていき、

実のにおいを嗅いでみると熟したようないい香りが出てきた頃がいいそう。

 

私も2〜3日ほど砂糖漬けにする前に部屋の中に置いていたのですが、

漬ける日には梅を置いた部屋全体が梅の熟するいい香りで充満していました。

 

 

          いちばん右端の大瓶はラッキョウ酢&ハチミツに漬けたもの。

          あとの3つの瓶がきび砂糖に漬けた梅の砂糖漬け。

 

梅とお砂糖の割合は1:1がベストらしいのですが、

それだと相当甘くなる気がして、

私はお砂糖の割合をやや減らして作ってみました。

 

1:1の割合で作れば、

漬けている間も出来上がってからも冷蔵庫に入れる必要もなく、

漬けて1年くらいは室温でもつとのお話だったのですが、

(←もちろんちゃんと密閉できる瓶に入れてのことだと思いますが。)

すごく美味しいからきっと1年も経たないうちに、

食べてなくなってしまうから心配しなくて大丈夫とのこと(笑)。

 

はちみつ漬けの時と同様に、

梅はかりかりおやつとして食べて楽しんで、

シロップ分はミネラルウォーターや炭酸水で割って、

氷を浮かべて冷たい梅ドリンクとして楽しむことができそうです。

 

この青梅の砂糖漬けを作ってまもなく、

梅ドリンクや梅のおやつとして、

もうひとつおすすめのレシピがあるよと教わって、

それはなんと、ラッキョウ酢(スーパーで売っているものでOK)に、

青梅を漬けるという方法。

 

材料は青梅とラッキョウ酢だけ。

 

梅の砂糖漬けと同様に漬けてから1〜2か月で食べられるらしく、

砂糖漬けと同様、室温で保存可能で1年以上もつとのお話。

 

砂糖漬けとちょっと似たような味わいになるらしく、

材料がラッキョウ酢ということもあってか、

仕上がりは爽やかな酸味と甘みが楽しめるらしいのです。

 

液体は砂糖漬けの時と同様、

ミネラルウォーターや炭酸水で割って、

美味しい梅サワードリンクになるのだそう。

 

試しに作ってみたら?とお店のご主人に勧められて、

店頭で売るにはややいたみかけていて店頭には出せず、

しかしまだまだ使えるという青梅をたくさんお持ちで、

その青梅をどさっと分けてもらえたので、

その日のうちに早速ラッキョウ酢をスーパーで買って来て、

おすすめの青梅のラッキョウ酢漬けも作ってみました。

 

スーパーで売っているラッキョウ酢って、

いろんな風味が足されているのが多くて、

シンプルなラッキョウ酢というのがなかなかなくて、

昆布入りやはちみつ入りといろいろ。

 

とりあえず、はちみつ入りというのを買って、

自宅のはちみつもそのラッキョウ酢にプラスしてみました。

 

砂糖漬けの時もラッキョウ酢漬けの時も、

梅は漬けているうちに実がシワシワでぺっちゃんこになるので、

漬ける前に梅の実に爪楊枝でプスプスと何ヵ所か穴をあけておくか、

ナイフで切れ込みを入れておくと、

梅の実がシワシワにならずにジューシーな肉厚状態になるとのことで、

今年はその秘訣もちゃんと実行しておきました。

 

以前、はちみつ漬けを作った時に、

この秘訣を知らなかったので、

漬けた梅の実がシワシワになってしまい、

実もぺっちゃんこの状態になってしまったものでした。

 

このコツって梅酒の時にも使えそうですね。

 

以前は果実酒づくりに凝っていた時期もあって、

(以前に投稿した果実酒の記事はこちら→

庭の果実を使ってどんどん果実酒を作って楽しんでいたものでしたが、

自分も家族もお酒がもともとあまり飲めない体質なせいか、

結局ほとんどが飲めないままとなってしまい、

そのうちのいくつかを果実酒好きの方に多少はプレゼントできたものの、

キッチンの下の棚のスペースをほかの用途で使いたくなった時に、

残念ながら多くの果実酒を処分してしまったので、

このところは梅酒づくりもストップしています。

 

でも、梅酒を作っている時の、

梅の変化をながめるのはほんとに楽しくて、

出来上がりの味や香りを楽しむ喜びは素晴らしいですよね、

こんな時、自分がお酒が強かったらどんなに良かったかなぁと、

ふと思ったりします。

 

今回の青梅の砂糖漬けやラッキョウ酢漬けを伝授してくださったご主人の話によると、

砂糖漬けもラッキョウ酢漬けもどちらも漬けてから1か月くらいで出来上がるとのこと。

 

熟成の度合いによっては1か月では足りない場合もあるかもしれませんが、

1か月後となる来月の仕上がりを試してみるのがとても楽しみです(^-^)。

 

 

以前、果実酒を作っていた頃、

いくつか保存食の本を手にとったものでしたが、

上の柳瀬久美子さんの「おいしい待ち時間 私の保存食」は、

ジャムやシロップや果実酒など甘い保存食だけではなくて、

ごはんに合う保存食、お洒落な欧風保存食ものっていて、

長年お気に入りの本です。

 

以前の私は甘いお菓子や保存食の本に断然惹かれるタイプでしたが、

このところ甘いものうーんと控えるようになったせいか、

(・・・・なんて言いつつ、

今回は砂糖漬けの梅なぞ作ったりしてますが(笑)。)

お料理系の保存食の本のほうに惹かれるようになりました。

 

「おいしい待ち時間」という言葉、

とてもわくわくする言葉ですね。

 

今回の梅漬けが出来るまでの間も、

まさに「おいしい待ち時間」です。

 

すぐに「おいしい」がやってくるのも楽しいですが、

ちょっと待たなければならない「おいしい」もなかなか魅力です。

 

それでは・・・・

今日はこのあたりで(^-^)。

 

 

今日はお庭の植物たちの話を。

  • 2017.05.11 Thursday
  • 13:05

 

5月。お庭のお花たちが一番美しく咲く季節。

・・・とは言っても、

私自身の好みが小さな花の植物が好きなせいか、

たいした華やかさはないのですが、

ところどころに小さく咲く花々たちに、

毎日とても癒されています。

 

なかでも一番面白いなと毎年思うのは、

オーストラリアのネイティブプランツ、

レプトスペルムム ナニュームルブルムという、

すごく長い名前の植物です。

 

 

葉の色が緑色から赤黒い色に変わっていくのも面白く、

葉の色の変化を見ているだけでも楽しい植物です。

 

花の色も個性的なピンク色で、

ひとつひとつの花のかたちがとても可愛いです。

 

このところ毎年びっしりと花が咲くようになったのですが、

ちょうど花がつく前に鉢替えして、

土も新しく入れて腐葉土もたっぷり入れたせいでしょうか、

今年は特にたくさんお花が咲いたように思います。

 

オーストラリアの植物が個人的に好きで、

グリーンショップで見つけるとついつい買ってしまうのですが、

今年はオーストラリアのローズマリーという苗を買ってみました。

 

 

上の写真の左上の苗なのですが、

まだまだ小さい苗でよくかたちがわかりにくいですが、

ちょっと変わったローズマリーです。

 

そのとなり(右上)はサントリナ。

 

サントリナは毎年春にグリーンショップや園芸市などで、

苗が売られていたのはよく見かけていたのですが、

長年いまいち興味が持てずスルーしていた私でしたが、

ずいぶん以前のイギリスの園芸番組を録画していたのを見ていたら、

(←LaLaTVで日本語吹替で放映されていたものです。)

司会者の方だったかゲストの方だったか、

やたらとサントリナが好きだと言っていて、

「ふぅ〜ん、そんなに魅力的な植物なのかな、

試しに育ててみるか。」と思って買ってみました。

(テレビの影響ってけっこう大きいですね(笑)。)

 

ちょうどシルバーリーフ系のオーストラリアのローズマリーと

葉の色の系統が似ていて、ちょっと隣に植えてみました。

(あんまり大きくなったらまた場所変えするかもしれませんが・・・)

 

(手前のふたつの小さな苗は、

ラベンダーの小苗です。)

 

さて、オーストラリアのローズマリーの話に戻りますが、

よく見かける普通のローズマリーと葉のかたちが違って、

ちょっとシルバーリーフ系で葉のかたちもつき方もいいかんじです。

 

これから少しずつ大きくなっていくのが楽しみです。

 

このオーストラリアのローズマリーにも小さな花が咲くようで、

わが家の苗はまだまだ小さいので先の話となりそうですが、

しっかり大切に育ててたくさんお花をつけるようにしたいです。

 

上の写真はやっと今年から花を咲かせたジャスミンです。

 

 

本来はどんどん茂って困るくらいの強い植物のようですが、

わが家のジャスミンは昨年まで鉢植えにして、

日当たりがあまりよくない場所に置いていたせいか、

なかなか花をつけるまでには到達できず、

地植えにしてやや日当たりのいい場所に植えてみたら、

今年からやっとお花が咲くようになりました。

 

ジャスミンは犬や猫には毒と聞いたこともあるのですが、

そのわりには犬や猫がいるお宅の庭にジャスミンが咲いていることは近所では多く、

かえって花の強い香りのせいで犬も猫も自分からは近づかないのかもしれませんね。

 

いつも犬を散歩させる道の通りに、

門構えにびっしりとジャスミンを這わせたお宅があって、

そこのお宅の前を通るだけでジャスミンの素晴らしい芳香が漂ってきます。

 

顔を近づけないとわからないくらいの淡い香りの花もいいですが、

離れていてもしっかりと伝わるくらい強い香りのジャスミンの花の香り、

この時期ならではの香りですから嬉しいです。

 

 

ラズベリーの苗も今年は立派に育ちました。

(上の写真がラズベリーです。)

 

これまで鉢植えだったのを昨年地植えにしておいたのですが、

鉢植えの時は弱りがちだったのが、地植えにしたら立派に茂ってきました。

 

今年はたくさん実をつけそうで今からとても楽しみです。

 

ラズベリーはジャムにすると最高ですが、

やはりいちばんいいのは摘みたてをそのまま食べること。

 

お砂糖を入れて甘くしないとダメな方も多いかもしれませんが、

私は断然、生でそのまま食べるほうがいいなと思います。

 

 

アップルミントもやっとのことでたいそう茂るようになりました。

 

このアップルミントは2年前に知り合いの方からいただいた苗が、

無事に根づいてくれました。

 

アップルミントは長年好きなハーブだったのですが、

小さな鉢植えでちまちまと育てるにはハーブティーでどんどん使えるほどには至らず、

そのせいかアップルミントを山ほど茂らせたいという願いがずっとあったのですが、

ついにその願いに近づけるようなチャンスに出会えて、

2年前に山ほど苗を譲ってもらうことができたのです。

(その時の記事はこちら。)

 

しかし苗をもらってきてすぐはたいして茂らず、

植えても枯れてダメになる苗もあったりしたのですが、

昨年は育ったアップルミントをなるべく使わないようにして、

そのまま生やしておいて苗のちからを強くしてみようと思ったのですが、

それが功を奏したのか、今年は立派に茂りました。

 

ミントティーではアップルミントがいちばん好きです。

 

濃いめに作って冷やして飲んだら最高です。

 

アップルミントはホットで飲むより、

アイスで飲むほうがアップル系のミントの味わいが深く感じられるので、

滅多に私はホットでは飲むことはありません。

 

ミントのハーブティーでは、

アップルミントのほかにもうひとつお気に入りのミントがあります。

 

それはスペアミント!

 

 

スペアミントティーもとても爽やかなミントの味と香りで、

アップルミントの次にスペアミントのティーが好きです。

 

アップルミントと同様、

スペアミントもアイスで飲むのが私は好きです。

 

これからの季節はアイスのハーブティーがいちばん楽しめる時期ですね!

 

ちょこちょこ庭に出ては、

小さな花たちやハーブをながめて楽しんでいると、

ワンコが窓から登場・・・

 

 

わが家は敷地が塀で完全に囲まれていないせいか、

庭を自由に走らせれば、すぐに車の通る道路に出てしまうので、

リードをつけてしか庭を歩かせることができないのですが、

ほんとは庭で自由に(にゃんこみたいに)遊ばせてあげたいものです。

 

こうやって窓からいつもうらやましそうに人間たちをながめています。

 

この窓の前にウッドデッキでも作って、

ワンコも外に出られるようにさせてあげたいですね。

 

(今のところは窓から犬がすぐに庭に降りれないように、

窓の前にはびっしりいろんな植物を置いています。)

 

このところはなかなかブログの更新の時間がとれず、

やっとのことでの更新(*^-^*)でした。

 

今日はお庭の植物たちの記事が投稿できて、

ちょっと嬉しいです。

 

それでは、今日はこのあたりで(^-^)☆

 

 

夜間のワンコ散歩の必携アイテム、LEDの懐中電灯。

  • 2017.04.10 Monday
  • 13:53

 

夜間のワンコ散歩の必携アイテム、

強力に明るいLEDのハンディライト。

 

わが家は長いこと、

ジェントスにお世話になってたのですが・・・

 

 

明るさ150ルーメンのこちらの懐中電灯、

ほんとに明るくてすごく重宝していたのです。

 

なかの電池は単4が3本。

 

いつも明るい状態で使いたいから、

中の電池は充電池にして、

マメに充電してから使っていました。

 

ところがつい先日お散歩前に、

いつものように充電した電池を入れていた際、

私がたまたまその時ちょっとお疲れ気味でボケーっとしていて、

本体と電池ケースのプラスとマイナスを間違えてしめていたようで・・・

 

電池ケースとキャップ(スイッチボタンがついたキャップ)の

プラスとマイナスをあべこべに締めて回していたようで、

コイル状に巻いた針金部分のところがかなりからまってしまい、

残念ながらあっけなく壊れてしまいました。

 

ジェントスのハンディライト、ほんとに優れもので、

ちゃんと普通に使えば何年も使えたんだと思うのですが、

ほんとに残念でした。

 

その日はとりあえず前から家にある懐中電灯で、

夜の散歩を済ませたのですが、

ジェントスの明るさに慣れていたせいか、

ほんとにその時の懐中電灯の明るさが物足りなくて、

困ってしまいました。

 

もちろん、次も同じジェントス・・・と思っていたのですが、

今回壊れたジェントスを買った時からすると、

LEDのハンディライト商品いろいろ種類が増えていて、

ちょっとほかのも試してみたくなりました。

 

常に明るい状態で使いたいから、

充電池が使えるタイプというのは譲れない条件だったのですが、

今まで自分が使っていたのが単4電池3本で動くタイプだったので、

単3電池1本(しかも充電池も使える)タイプに惹かれ・・・

 

・・・・というわけで、

ほんとはすぐにジェントスをと思っていたのですが、

ジェントスよりもずっと安価でしかも単3電池1本で使用可タイプ、

ちょっと試してみることにしました。

 

 

カラーはいろいろ選べます。

 

ほかに2本セットタイプはすごくお手頃で、

それもなかなか惹かれたのですが、

とりあえずは1本買いで試してみることに。

 

安いから明るさはあんまり期待できないかなぁと思っていたのですが、

オォっとビックリ。かなり明るいです。

 

150ルーメンの今まで使っていたジェントスが壊れてしまって、

正確に比べることができないのですが、

同じくらいかそれ以上に明るいかも。

 

メーカーの説明によると、

こちらのハンディライトはMAX300ルーメンということなのですが、

300ルーメンほんとにあるのかどうかは不明・・・

でもとにかく相当明るいのでとにかく助かっています。

 

ライトの色はジェントスと同じく白っぽい明るさなのですが、

個人的にはジェントスの光の色のほうが好み。

(やっぱり価格が反映されているのかなぁ(^◇^))

 

夏の夜間のお散歩中に、

ワンコがマムシに噛まれてからは、

LEDの強力に明るい懐中電灯がわが家では必携アイテムとなったのですが、

このハンディライトも十分役立ってくれそう。

 

ジェントスみたいにストラップはついていないのですが、

ストラップ穴もちゃんとついているし、

小さいけどクリップも本体についているので、

洋服にもちょっとかけたりもできそう(ちょっと重いけど)。

 

LEDのハンディライト、

商品によっては市販の電池は使えても、

充電池は不可というタイプがあるようで、

今回ほかにもすごくいいなと思う候補商品あったのですが、

充電池がダメで市販の電池のみというタイプでした。

 

これまで使っていて思うのですが、

電池入れたての時からすると、

(充電しないままずっと使っていくと)

使ううちにどんどん明るさが弱まってしまうので、

明るさを常にマックスのいい状態でキープしたいならば、

充電できるタイプが絶対いいと思います。

 

今回のハンディライト、

これまで使っていたジェントスよりもすごく安いけど、

明るさは申し分ないくらい素晴らしいけど、

果たしてどれくらい使えるのかが問題ですが・・・(^◇^)☆

 

以前、ジェントスを使い始めたころ、

「わぁ!それすごく明るい!!どこのメーカーの?」と

ほかの犬の飼い主さんからよく聞かれていたのですが、

最近はスグレモノのLEDのハンディライトがかなり普及したのか、

あんまり聞かれなくなりました。

 

意外と懐中電灯コレクターの方が多いということに気づいたのも、

ジェントスを使ってから知ったことです(^◇^)。

 

「実はワタシ、懐中電灯コレクターでね、

家にはい〜っぱい懐中電灯があるの。」と教えてくれた方、

そんな話をほかの方にしていたら、

「うちはコレクターというほどじゃないけど、

これだけ懐中電灯あるのよね・・・。」と

すごくたくさんの懐中電灯を見せてくれた方など(笑)。

 

実は私もジェントスを使い始めてから、

ほかの人が持っているLEDのハンディライトがすごく気になるように。

 

今度はやすやすと壊すことのないよう、

十分注意しながら大切に使いたいと思います。

 

それでは今日はこのあたりで(*^-^*)。

 

久々の更新です(^◇^)。

  • 2017.04.06 Thursday
  • 13:44

 

昨年の初夏のころくらいだったでしょうか、

わが家のWindows7時代のPCを開けばまず最初に、

Windows10へのアップグレードが無料でできるお知らせがやたらと入るようになり、

そうね、無料なら試しに・・・と入れてみたはいいものの、

次第次第に・・・それこそ、じわじわと不具合が生じ、

とうとう最後のあたりは強制終了しないとPCが終了できなくなり、

1台は購入時の状態(Windows7)に戻せることができ、

ほんのしばらくの間だけはなんとか機能していたのですが、

そのPCも1か月もしないうちに動きがかなりおかしくなり、

もう一度購入時の状態に戻してもすぐにダメになり・・・・

 

先月のある日突然、

ほぼ同時期くらいにわが家のPCがすべて壊れてしまいました(T_T)。

 

うーむ、今回のことで学んだことは、

タダほど高いものはない・・・!!

 

やっぱり、Windows7時代のPCに(←7年前くらいに新品で購入したもの)

Windows10を入れるなんてどだい無理な話だったんじゃ・・・

・・・と気づいた時には遅かった(笑)。

 

こまかな不具合が出始めた初期の段階の時期に、

ただちに購入時の状態に戻してWindows7としてずっと使っていれば・・・・!

 

・・・・なんて後悔がどんどん出てきてしまいますが(*_*)。

 

大切な写真などはSDカードやメモリースティックに保存していたおかげで、

一番大事なデータはほぼ守れていたのでその点はほっとしていますが、

けっこういいPC(ブルーレイディスクも見れるタイプで・・・)だったので、

やはりしばらくはさすがにトホホトホホ・・・・

とガックリしてしまいました(*_*)。

 

でも、電化製品の寿命って今はそれくらい(7年)なのでしょうかね・・・

 

とりあえずはもう前を向いて(!?)壊れたPCに別れを告げ、

新たなPCがわが家にとうとうやって来ました(^◇^)。

 

しかし新しいPCを買ったらそれですべて楽になれるかと思ったら、

それが最初のうちは予想外にとても大変で・・・・

 

今のPCって使えるようになるまで設定がかなり時間がかかるんですね・・・(*_*)。

 

万が一のための再セットアップ用のメディアづくり、

(←DVD4枚分、そしてUSBメモリ1本分)もかなり時間がかかりめんどう。

(以前は購入した時に付属品としてCD-ROMでついていましたが、

最近はついていないのですねぇ。

たまたま私が買ったPCのメーカーがなのでしょうか。)

 

しかも購入したPCが昨年の春モデルだったせいか、

最初電源を入れてからは最新の状態にするのもかなりの時間がかかり・・・

 

たぶん最新の高価格のいいクラスのPCであれば、

ダウンロード&インストールの処理速度は格段に速いのでしょうが、

私が買ったのは比較的お手頃価格のだったせいか、

コンピュータの頭脳レベルがたぶんスローペースなタイプ。

 

工場出荷時から電気屋さんの在庫として眠っていて、

わが家にやって来るまでの間(たぶん1年間くらい)に、

更新&修復しなければいけないプログラムが山ほどになってしまうのでしょうね。

 

ちゃんと使えるようになるまでに

ほんとに相当な時間がかかっていました。

 

Windows7の時代は買ったらあっという間にすぐ使えるようになったのに、

なんなんだーこのめんどくささは・・・・!!!

 

・・・正直とっても驚きました。

 

(電気屋さんに手数料を2万〜3万円くらい払えば、

こういう初期設定を全部やってくれるらしかったのですがネ・・・)

 

・・・・最初の設定段階で、

私はかなり疲れ果ててしまいました(*_*)。

 

それだけPCやネットの世界が複雑になったということなのでしょうか。

 

なにはともあれ、今はちゃんとPCが使えるようになって、

ほっとひと安心の私です(^◇^)。

 

スマホやタブレットでもブログの更新は十分できるのですが、

小さな画面でぽちぽちとやるのに私がどうも慣れていないようで。

 

やっぱりブログはPCで綴るのがいちばんいいみたいで・・・

 

・・・というわけで、本日やっとのことで更新です(^◇^)。

 

長いこと更新していないと、

更新していない記事の真上に広告が出るようになるのですが、

自分のブログにペット葬儀社の広告が出ることもあり(*_*)・・・

 

・・・あ、そうか、ペットを登場させてるブログって、

長い間更新しないと、もしや・・・・??と思われるのかなと・・・

 

いやはやこれは私の考えすぎなのかもしれませんが!!

・・・・というわけでちょっとあわてて更新です。

 

ワンコもにゃんこもあいかわらず元気です(*^-^*)。

 

写真もSDやメモリースティックにはちゃんとあるのですが、

それをひっぱってきて編集するのも今日はなぁ(←めんどうだなぁ)

・・・たぶん、こんなふうにささいなことをめんどくさがるようになると、

とっても危険信号ですね(笑)。

 

なにはともあれ、これからはなんとか時々はちゃんと更新できそうです。

 

元気に動くWindows10のPCがちゃんとやって来たんですからね!

 

とりあえず、今日はこのあたりに・・・(^◇^)。

 

寒い夜、ワンコの眠るベッドの毛布にひと工夫。

  • 2017.01.29 Sunday
  • 17:22

 

このところはあったかグッズの記事が続いていますので、

今日もその話題をひとつ。

 

本来は、机でパソコンする時のひざかけ用にと、

自分用に購入した電気毛布だったのですが、

今回の冬からは寒さが厳しい夜間から早朝にかけて、

ワンコのベッドをあたためるための、

欠かせない大事なグッズとなりつつあるのが、

なかぎしの電気ひざ掛け毛布です。

 

これをワンコ用に使うのは、

ワンコが疲れておとなしく眠る夜中のみです。

日中の活動的な時に使ったら、

もしもかじられたりなどしたら大変ですから(笑)。

今のところはワンコ用に使う場合は、

念のため直にワンコと毛布が触れるようにしては使わず、

このひざかけ毛布の上に必ず小さめの毛布(子供用の毛布サイズ)など、

何か別の布を敷いてから使うようにしています。

毛布部分は丸洗いできるという点はすごくいいですね。

(・・・と言っても、実は私はまだ洗ったことがありませんが!)

にゃんこにもほんとは使ってあげたいですが、

わが家のにゃんこは眠る時に毛布のふちをどんどんかじる癖があり、

こういう電気毛布は絶対使えません(>_<)。

実はこの毛布、猫ちゃん用にと買ってる方も多いらしいですね。

(使ってる猫ちゃんたちは毛布の噛みグセとか、

そういう困った癖が全然ない猫ちゃんたちなんだろうなぁ・・・)

 

赤のチェック以外にもいろんな色や柄のがありそうですが、

赤のタータンチェック柄が一番あたたかそうな気がして、

今回は赤色に決めました。

 

アマゾンでもいろんな色が売ってあります。

 

 

アマゾンでは商品説明写真や商品についてのQ&A欄や、

使用者のレビューがとても充実していて、

購入前にすごく参考になります。

 

こちらの赤色の商品はアマゾンレビュー数かなりあります。

知らずにずっと使っていましたが、

実はすごく人気な商品なのですね!

 

大きさもちょうど良くて、

毛布の感触もあたたかくていい感じです。

 

柄はお洒落なチェック柄でないと!!というようなこだわりがたいしてなければ、

同じなかぎしの商品でチェック柄よりも安い価格でひざ掛け毛布商品ありそうです。

 

 

この商品のほうは実際に手にとったことがないので、

現在手持ちのチェック柄とこちらの商品が素材感がどう違うのかわかりませんが、

柄がチェックでないだけで手触りや商品の質が同じならば、

この安いほうのでも十分良さそうですね(^-^)。

 

寒い日に人間用のひざかけにもほんとに重宝すると思います。

(現在はわが家のはペット用になっていますが・・・・!)

 

ソファに座ってテレビとか見る時に、

ふわっとこのひざ掛けをかけてたらすごくあたたまりそうですね。

 

 

昼間、おだやかにウトウトしている時間は、

こんなふうにワンコは窓際に置いたベッドでお昼寝タイムです。

 

(←子犬時代はとっくの昔に過ぎていて、

ベッドや毛布をくわえてオモチャにしたりはしない年齢のはずなのですが、

まだまだ活動的な時間はくわえてオモチャにされてしまうことがあり、

あくまでもこんなふうに穏やかにしている時間のみ、

お昼寝用のベッドや毛布は置くことになっています。)

 

今日はたまたまこのなかぎしの電気ひざかけ毛布の話題なので、

ちょっとだけお昼寝中のワンコにも使ってみました。

 

通常はこんなかんじで掛け毛布としては使わずに、

夜間のハウスの中で敷き布団ふうなかんじで使用します。

 

上の写真で手前に見えるピンクのラグは、

先日の記事で紹介したとてもあったかくてスグレモノのヒートプラスです(^-^)。

 

右下端に少し写っている青い色の缶は中にたくさん石を入れて重くして、

ラグをすぐにはがされそうないようにするための重石がわりの缶です。

 

以前は夏に使う犬用蚊取線香の丸い缶に石を入れて重石がわりに使用していましたが、

その当時の勢いよりもワンコも落ち着いてきたので、小さめの缶に変えました。

 

小さめの缶ならば、外国製のチョコレート缶やビスケット缶があるので、

以前の犬用蚊取の缶よりもやや見ばえがマシになったかもしれません(笑)。

 

(今度こそはラグの端をめくってかじられないように気をつけるつもりです。

常時この缶の類を四隅やめくられやすい端に置いておこうと思っています(*_*)。)

 

 

こういうかんじでこの電気毛布を、

ワンコのかけ毛布として使ったのは実は今日が初めてですが、

日中寒い日のお昼寝中なんかにこういう使い方も案外よさそうですね。

 

(万が一かじったりしないように飼い主の監視の下での使用がよさそうですが。)

 

 

いつもはこんなかんじです。

 

下のベッドの底面にユカペットなどペット用の電気式のホットマットを敷くことがありますが、

通常、上にかけてあげる毛布は電気毛布ではなくただの毛布です。

 

上の写真のうすいピンク色の毛布は、

よくあるふわふわ毛布(子供用サイズのクォーターケット)です。

 

この毛布は裏地にやわらかい肉厚のほわほわのボア生地がはってあって、

すごくあたたかいのです。

 

たいして冷えこみが厳しくない日のお昼寝タイムの時は、

こういうあたたか毛布を1枚かけてあげるだけにしています。

 

昨年の冬までは、夜にワンコが眠るハウス内をあたためる電気製品は、

貝沼産業のペット用の商品、ユカペットのみだったのですが、

このところ続いた寒さ厳しい夜の冷えの対策として、

もうひとつ何かあたためグッズが要るかなと思ったのが、

今回のなかぎしの電気毛布を使うきっかけでした。

 

ユカペットは今までどおり、

ワンコのハウスをあたためるのに大変役立っています。

 

ほんとはユカペットだけでも十分なのでしょうが、

ついつい自分が寒くてたまらない夜などは、

ワンコにもあったかくしてあげたくなってしまうものです。

 

(にゃんこはワンコが眠る部屋とは別の部屋で、

夜遅くまでストーブがついているあたたかな部屋で寝ているせいか、

ワンコほど心配はないのです。)

 

ワンコの部屋はフローリングなので、

寒さ厳しい夜中から早朝にかけてのハウスの底冷え対策として、

ハウスに敷くベッドの中にこのユカペットを入れておいています。

 

このユカペットを中に敷きこんだハウス用のベッドの上に毛布を入れて、

その上にこのなかぎしの電気ひざかけ毛布を二つ折りにして敷いて、

さらにその上にふわふわのやわらかい素材の毛布を掛けています。

 

夜間に電気毛布を使うのは冷えこみが厳しい夜だけです。

 

通常の冬の夜はユカペットだけにしていますが、

今日の夜から明日の朝にかけてはかなり冷え込みそう・・・という日などは、

このなかぎしの電気ひざかけ毛布をプラスするようにしています。

 

電気毛布は温度調節が可能なので、

ワンコが寝る前にやや高めに温度設定してまず寝床をあたためてあげて、

ワンコがベッドに来て寝始めたら、温度を下げるようにしています。

 

(電気毛布は単独で使うぶんはたいした熱はないにしろ、

上にさらに毛布をかけてしまうとだいぶ熱がこもるみたいですから、

いろいろとそのあたりは配慮が必要なようです。)

 

念のため(←かじり防止、カミカミ防止のため)、

どんな場合もじかに電気毛布にワンコがふれないよう、

必ず1枚毛布をかけておくようになどはしています。

 

この電気毛布商品はペット用に配慮された商品ではなく、

あくまでも人間用の電気製品なので、

ペット用の電気製品を使う時よりもいろいろ気をつけています。

 

(飼い主の留守中は決して使わないようにしています。)

 

冬のワンコのハウスのベッドあたため対策で、

毎年使用している電気式のホットマット商品。

このユカペットはほんとに重宝しています。

わが家のはユカペットのDXという商品でしたが、

こちらのはEXという商品のようですね。

一昨年の冬に家族があまりにもきつくコードをゆわえて、

(←通常はペットがかじったりして壊すんでしょうが、

今回は人間がコードを壊してしまいました・・(*_*)。)

コードの一部が傷んで壊れてしまったのですが、

幸い、こちらの商品は交換コード商品があり、

交換コードを新たに買って接続して、

再びちゃんと使えるようになりました(^-^)。

 

さて、なかぎしの電気ひざかけ毛布の話に戻りますが、

今回ワンコが夜眠る時に使うことでなかなか効果を発揮したので、

ほんとはもうひとつ買ってにゃんこにも使ってあげたいなぁと思ったのですが・・・

 

にゃんこは子猫時代から(そして今もずっと)眠るときに毛布をかむ癖があり、

毛布のはしもよくかじられて食べられてしまっているので、

(なんだか犬みたいですよね、こういうところが(>_<)。)

じかに触れるところでは電化製品は絶対使えません。

 

毛布の下に電気毛布を敷いてあげるという手段もありそうですが、

わが家のにゃんこは毛布の下にもぐりこむのが得意技で(笑)、

おそらくあったかい電気毛布があったら、

その中にもぐりこんでカミカミする危険性も・・・

 

・・・というわけで、

にゃんこにはどうも今のところは使えそうにありません。

 

 

現在は、にゃんこ用にはふたつ折りにした毛布を3枚ほど重ねた下に、

ペット用の猫サイズ用の電気式のホットマットを入れてあげて、

猫用ベッドをあたためてあげています。

 

(もちろんホットマットのコードは簡単にかじられないように、

すごく太いコードでかじり防止タイプの商品にしています(*_*)。)

 

写真に写っているピンク色の毛布と、

下のベージュの毛布がふわふわもこもこのすごくあたたかい毛布で、

長年この毛布がにゃんこのお気に入りです。

 

ベッドの底面にペット用のホットマットがあるせいか、

この毛布が下からほどよくあたたまってすごく快適みたいです。

 

このにゃんこのお気に入りのこのふわふわ毛布は、

毎年近所の洋品店でお手頃価格で取り扱いがあったのですが、

今回の冬から全く入荷しなくなってしまいました(>_<)。

 

・・・とは言っても、

ペット用の特別素材の冬用のあったか毛布って、

今の時代ならばネットで探せばいろいろありそうですね。

 

現在使っているこの毛布たちが古くなってしまったら、

にゃんこのために真剣に探さなくてはなりません・・・・!

 

わが家のにゃんこ用のホットマットは、

この商品にお世話になっています。

丸いかたちや長方形タイプ、

大きさもいろんなサイズがあって、

ペットの体の大きさに合わせていろいろと選べます。

ペット用の電気式のホットマット商品は、

今のところは私はこの商品が一番いいなと思います。

大型犬サイズもあるので、

この商品で大型サイズのも欲しいなぁといつも思うのですが、

今のところはワンコにはユカペットがあるしなぁと思い、

まだ買っていませんが。

このホットマット商品、ずっと作り続けてほしいものです。

 

 

ペット用の電気式のホットマット商品はいろんな商品がありますが、

私はこちらの商品が一番いいなと思います。

 

わが家にはこの丸いかたちのほかに長方形タイプのも揃えています。

 

四角いベッドの時は四角のホットマットが使い勝手がよくて、

ついついいろんなかたちで揃えたくなってしまいます。

 

わが家にはこたつがないのですが、

こたつを置いているお宅は、

「冬は犬も猫もこたつの中だよ」としばしば聞きます。

 

そう聞くたびに「あぁこたつっていいな、

やっぱりうちもこたつが欲しいなぁ。」といつも思います。

 

しかし今年もわが家はこたつは買わずじまい。

 

こういった小さめの電気毛布や電気式のホットマットで、

寒い冬のペットたちのあったか対策、

なんとかしのいでいくことになりそうです。

 

ワンコもにゃんこも高齢になったら、

人間用の広々としたこたつで寝かせるのも良さそうですよね。

 

犬も猫も高齢になったら自分で体温調節ができなくなるようで、

夜間に寝かせる時は部屋を常時あたためてあげたほうが良いとも聞くのですが、

若くて元気なうちはまだまだ何もしなくていいのでしょうが、

高齢になったらいろんな配慮が必要になりそうです。

 

夜間にペットたちを寝かせる時、

始終お部屋全体をエアコンであたためるよりも、

こたつのほうが電気代の点から考えてもエコになりそうですね。

 

わが家にも実は先代のにゃんこが使っていた、

ドギーマンの猫用こたつが実はちゃんとあるのですが、

現在のにゃんこはコードのかじり癖、

毛布やお布団の噛みグセがひどくて、

まだまだ今のところは使わないほうがよさそう(*_*)。

 

猫用こたつはほんとによかったです。

 

今のにゃんこにも使える日が来ればいいのですが、

まだまだそれは先の話となりそう(笑)。

 

それでは今日はこのあたりで・・・。

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

東京の空の下オムレツのにおいは流れる (1985年)
東京の空の下オムレツのにおいは流れる (1985年) (JUGEMレビュー »)
石井 好子
花森安治さんのお洒落な表紙のこちらの本、「巴里の空の下〜」と同様にずっと出版されるものと思っていたら、もう今はこの装丁の本は古本でしか手に入らず、文庫本のほうが主流となってしまっているとは。こちらの花森さんの表紙の本のほうは、本の大きさといい、中の印刷された活字の独特のかたちの味わい深さといい、石井好子さんのすてきなエッセイはもちろんのこと、本全体の醸し出す雰囲気がものすごく良くて。時々このスタイルのも期間限定で復刊されてるのでしょうか。文庫本よりもやはりこちらのほうが絶対いいなと思ってしまう私です。

recommend

L'agenda casa di suor Germana 2018
L'agenda casa di suor Germana 2018 (JUGEMレビュー »)
Germana (Suor)
まいにちイタリア語・・・NHKのラジオを聞き逃す日があっても、この本の今日の日付のページを開けば・・・なんて思って毎年買ってしまう個性的なイタリア語アジェンダです。

recommend

あなたの犬は幸せですか
あなたの犬は幸せですか (JUGEMレビュー »)
C. ミラン,メリッサ・J・ペルティエ
そう、この本が日本で最初に発売されたシーザーさんの本でした。もう古本でしか手に入らないけど、古本ででもいいからぜひとも手に入れておきたい1冊です。

recommend

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せ に暮らす方法55
ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せ に暮らす方法55 (JUGEMレビュー »)
シーザー・ミラン
犬との暮らしがさまざまな面でうまくいくようになったのは、シーザーさんの番組や本のおかげ。そして犬のことを深く理解できるようになって、犬を心より深く愛せる人間になれたのも、シーザーさんのおかげです。

recommend

Cesar Millan: Leader of the Pack [DVD] [Import]
Cesar Millan: Leader of the Pack [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)
Cesar Millan's Leader of the Pack
Fox BS238チャンネルで「ザ・カリスマドッグトレーナー 犬の里親探します。」の再放送が無料放送されることが時々あります。シーザーさんの番組は、犬との暮らしで困っている人をきっと救います。今後も淡々とずっと再放送を続けてほしい。そのたびにきっと多くの犬の飼い主さんを救うことになるのだから。

recommend

Cesar 911 [DVD] [Import]
Cesar 911 [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

このところ上の里親探しの番組がFOXで無料で放映されていたのを久々見たのをきっかけに、再びシーザーさんの番組を見てみたくなりました!これは近いうち見てみたいと思います。

recommend

Cesar 911: Season 2 [DVD] [Import]
Cesar 911: Season 2 [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

シーザー・ミランの愛犬レスキューというタイトルでナショジオで放映されていたけど、ほとんど見逃してしまって見ていないので、DVDが出ててよかったです!

recommend

ナショナル ジオグラフィック ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの愛犬レスキュー [DVD]
ナショナル ジオグラフィック ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの愛犬レスキュー [DVD] (JUGEMレビュー »)

日本国内でも上の番組の日本語字幕編のDVDが発売されているようなのだけれども、果たしてこの商品は全部のエピソードが入っているのでしょうか?アマゾンの商品説明では不明なので、ひとまずは英語版の輸入盤のほうを注文することにします。

recommend

Cesar Millan: Leader of the Pack [DVD] [Import]
Cesar Millan: Leader of the Pack [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)
Cesar Millan's Leader of the Pack
世界じゅうにドッグサイコロジーセンターができたらいいな。シーザーさんの新しい番組、ほんとに素晴らしいです。最初初めてこの番組を見た時は、「Dog Whisperer」的な構成ではないこの番組になかなか慣れずに「Dog Whisperer」がとても恋しくなったものでしたが、よくよく考えると、誰にも引き取ってもらえないような問題のある保護犬たちがシーザーさんのセンターについたとたんに本来の犬らしさを取り戻し、素敵な家族と暮らせるようになるまでを見届けられるなんて、なんて素晴らしい構成の番組でしょう。それぞれのエピソードの終わりに、シーザーさんが選んだ家族と幸せそうに暮らす犬の映像が入るのですが、その犬の表情がとても穏やかで優しく明るい表情をしていて、どんなに感動する映画やドラマよりも、この番組のエンディングに流れる犬たちの幸せそうな表情を見るほうが感動する私です。DVD3枚組。英語字幕付です。

recommend

Dog Whisperer With Cesar Millan: Season 5 [DVD] [Import]
Dog Whisperer With Cesar Millan: Season 5 [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

現在の「Leader of the Pack」のほうが、シーザーさんのやりたいことにより近いのかもしれませんね・・。「Dog Whisperer」のほうは、犬の訓練もですが、飼い主のリハビリも大きな要素だったように思います。シーザーさんは飼い主の心理カウンセラーのような役割も果たしていたんじゃないかなぁ?と思うようなことも多々ありました。それにくらべて、現在の番組(「Leader of the Pack」)は、犬のことにより意識を集中できそうですね。人間(飼い主)救済よりも、犬の救済のほうに、より全力を注げるようになったんじゃないかなぁ?などと思った私です。・・・あ、もちろん、現在も世界じゅうの犬の飼い主たちをシーザーさんは救っていますから、飼い主救済の役割も十分すぎるくらいに現在も果たされているのですが!!しかし、今となっては過去の番組となってしまったこの「Dog Whisperer」ですが、どのエピソードもほんとに素晴らしかったです。何度も何度も繰り返し見直したいものが多いです。一件の飼い主と犬にじっくり長期間向き合うスタイルのこの番組はほんとに見ごたえがありました。どのエピソードも永久保存版。まだこのあとのシーズンはDVD発売がされていないのですが、いつ発売になるのでしょうか。ぜひとも全部のエピソードをDVD化してもらいたいと願っています。こちらのSeason5は、DVD3枚組。メニューから選べる英語字幕はついていませんが、クローズドキャプション付です。

recommend

GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325
GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325 (JUGEMレビュー »)

わが家のワンコとの夕方〜夜間のお散歩の必携グッズです。夜間の犬の散歩は通常よりグンと明るい懐中電灯で!不意の拾い食いや、夏から秋にかけては蛇との遭遇を避けるためにも、こういう明るい懐中電灯は絶対必要アイテムです!!

recommend

【送料無料】生後15ヵ月齢以上のゴールデンレトリバー用【正規品】ロイヤルカナン ゴールデンレトリバー 成犬・高齢犬用 12kg 《生後15ヵ月齢以上》
【送料無料】生後15ヵ月齢以上のゴールデンレトリバー用【正規品】ロイヤルカナン ゴールデンレトリバー 成犬・高齢犬用 12kg 《生後15ヵ月齢以上》 (JUGEMレビュー »)
アンダーコートもたっぷり豊かに、トップコートも毛吹き満点で艶やかに。寒い冬は必ずこのフードです。ゴールデンの健康のことを考えて作られたフードですから、最近は寒い冬だけではなく、年間を通して、このフードにすることが多くなってきています。

recommend

Yellowdog
Yellowdog (JUGEMレビュー »)
Debra Marlin
ゴールデンレトリーバーを飼っている方に。

recommend

Yellowpup
Yellowpup (JUGEMレビュー »)
Debra Marlin
「Yellowdog」のDebra Marlinの本。
こちらはゴールデンの子犬。

recommend

Dog Whisperer With Cesar Millan: Season 4 V.2 [DVD] [Import]
Dog Whisperer With Cesar Millan: Season 4 V.2 [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)
Dog Whisperer
このBOXも最高!100episode記念特番、シーザーさんがラッシーと会えて喜んでいた姿は忘れられません!

recommend

Dog Whisperer With Cesar Millan: Comp Second [DVD] [Import]
Dog Whisperer With Cesar Millan: Comp Second [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

わが家のワンコの子犬時代のしつけに困っていた時期、役立つエピソードがたくさんありました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM